これからは介護資格だ!なぜ将来性があるといわれるのか?

 

資格を取得するブームが続いています。

 

手に職を付けるといった意味合いもあります。

 

さらに、職業によっては資格を持っていなければ働けないものもあるのです。

 

資格を持っていると、

 

・特定の職業に就職できる
・給料がアップする
・書類審査の武器になる

 

このようなメリットがあるのです。

 

その資格の中でも特に注目され始めているのが、介護資格です。

 

では、なぜ介護資格は求められているのでしょうか。

 

その将来性から、介護資格が求められている理由について述べてみようと思います。

 

 

■進む高齢化社会に対応している資格である!

 

歳を取っても健康であれば問題はありません。

 

しかし、歳を重ねるごとに、身体の調子が悪くなってしまう可能性が高くなります。

 

足腰も弱くなります。内臓の病気にかかってしまう可能性もあるのです。

 

いわゆる“介護”を受けなければいけない状況になってしまうかもしれません。

 

その介護に関わってくるのが、“介護資格”なのです。

 

 

・医療系資格と同じである

 

この世の中になくなる心配がない職業の一つに医療系のものがあります。

 

それと全く同じなのが介護です。病院が倒産して無くなってしまう可能性はかなり低いです。

 

介護施設についても同じことが言えます。

 

しかも、介護資格は、地方自治体との関係も非常に深いので、今後も安定して働ける可能性が高いのです。

 

 

■働ける職場多い!

 

・特別養護老人ホーム
・介護労委人保健施設
・ケアハウス(軽費老人ホーム)
・障害者施設
・ヘルパーセンター
・ケアプランセンター
・デイサービスセンターなど

 

まだまだ、介護系資格を持っていれば働ける職場があります。

 

ほかにはたとえば有料老人ホームなどもあります。

 

介護系の資格を持っておけば、自分好みの職場を選べるといった特典もあるのです。

 

さらに高度な資格を持っていれば、より良い条件で働き始められるかもしれません。

 

 

■無資格から始められる!

 

介護職については、介護系の資格を持っていなくてもある程度の業務ができます。

 

ですから、まずは資格を持たずに職に就き、働きながらキャリアアップが目指せるのです。

 

実際に、介護系資格の中には、実務経験が3年必要なものや5年必要なものもあるのです。

 

手軽な感覚でキャリアアップを目指せるからこそ、高度な資格を持つとさらに重要視されます。

 

・ケアマネージャー
・介護福祉士

 

上記のような資格を持っていると、現場の責任者といった扱いをされることが多くなります。

 

施設数もどんどん増えると想定されており、介護資格者が求められる状況は今後も続くことになるでしょう。




介護資格 介護福祉士 資料請求