介護の仕事内容|介護施設の職員の1日を追う

 

介護の資格を取得するに当たり、事前にチェックしておきたいのが仕事内容です。

 

ただ、単に仕事内容だけを理解していても意味がありません。

 

どんな仕事の流れになっているのかを知るべきです。

 

こちらでは、介護施設職員の1日を追ってみます。

 

順を追って説明するので、理解するのに役立ててくださいね。

 

※施設により業務内容は大幅に変わってきます。

 

こちらでは特別養護老人ホームのケースについてお話しします。

 

 

■午前7時からの業務

 

早番の方はこちらの仕事から開始になります。

 

夜勤をしている方も、こちらの仕事は行うことになるので、把握しておきましょう。

 

・離床介助と誘導

 

朝なので、入所者を起こします。介助があまり必要ない方もいますが、ほぼ寝たきりといった方もいますので、その介助や誘導をする仕事になります。

 

・午後8時には朝食介助あり

 

夜勤お方はここまでの仕事になることが多いです。

 

飽きたら次に待っているのが朝食になります。

 

食堂で食べられる方もいれば、病室で食べる方もいます。

 

症状によって対応方法が異なるのです。

 

仮に、食堂で食べられる方は食堂まで車いすなどで誘導します。

 

自分で食べられない方には介助を実行します。

 

 

■午前9時からの業務

 

遅番お方はこの時点で帰宅をし始めているケースが多いです。

 

日勤の方はこの時間帯から仕事開始となります。

 

・排せつ介助
・入浴介助

 

トイレの業務や入浴の業務となります。

 

力仕事となるので、かなりハードな業務です。

 

お昼までこの業務が続きます。

 

 

・水分補給業務

 

排せつ介助と入浴介助の合間に水分補給の業務が待っています。

 

特に夏は、熱中症になってしまうお年寄りが多いので要注意です。

 

遅番については午前11時くらいから仕事開始となります。

 

排せつ介助や入浴介助、水分補給など始めるのです。

 

 

■昼食業務

 

12時ごとから1時ごろにお昼の食事が入所者の方に提供されます。食事提供業務を実施します。

 

 

■午後1時から午後3時まで

 

・午前9時からの業務とほぼ同じ

 

排せつ介助や入浴業務を行います。水分補給業務も嫉視します。

 

 

■午後3時からの業務

 

・おやつの提供

 

おやつを食べても問題ない方に対して実施されます

 

・排せつ業務

 

おやつの業務が終わったら、排せつ業務を行います。

 

ここまでで大体午後4時になります。

 

早番の方はここで業務終了して帰宅になります。

 

 

■午後5時からの業務

 

ここから夜勤の方が出勤して業務開始となります。

 

日勤の方は、午後6時で帰宅となります。

 

・夕食業務・口腔ケア業務

 

夕食を入所者の方に提供します。さらに、口腔ケアも実施します。

 

・排せつ介助・臥床介助業務

 

食事が終わって午後7時以降は寝る準備に入ります。トイレの介助を行い、寝所の支度を実施します。

 

午後8時で遅番の方は業務終了になります。ここから先は遅番の方のみが朝まで業務を実施します。

 

 

■午後9時からの業務

 

・消灯について

 

午後9時としていることが一般的です。

 

・消灯以降の業務内容

 

基本的に各部屋を回るようなラウンド業務を行ったり、定期的に排せつ介助を実行します。

 

ナースコール対応も必要になります。

 

 

■介護職員:1日の仕事のまとめ

 

以上が基本的な仕事内容の流れになります。

 

昼間だけしか行われない業務もあります。

 

入浴業務がその代表例です。

 

一方で、定期的に行われるのが排せつ介助になります。

 

紹介した業務の基本的なことは必ず理解しておきましょう。

 

ちなみに日勤を希望される方も多いですが、入浴業務は非常に力を使うので腰を痛める方が多いので気を付けて対応すべきです。




介護資格 介護福祉士 資料請求