介護施設の種類を調べてみた!入所介護型と在宅介護型施設

 

介護施設には、入所介護型と在宅介護型があります。

 

それぞれの特徴と、実際にどんな施設があるのかをお話しします。

 

介護施設の種類を知ることで、介護職を希望している方は、どの職場を目指せばいいのかもわかってくるはずです。

 

「この施設で働きたい!」なんて感情が生まれてくるかもしれません。

 

 

■入所介護型老人施設について

 

その名の通り介護対象者がその施設に入所する施設になります。

 

【入所介護型老人施設に該当する施設】
・有料老人ホーム
・軽費老人ホーム
・養護老人ホーム
・介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)
・グループホーム(痴呆性高齢者グループホーム)
・ケアハウス
・介護老人保健施設

 

軽費老人ホームには、いくつかの種類があります。

 

まず食事による違いがあります。

 

自炊するタイプと給食が出るタイプに分かれます。

 

さらにケアハウスも軽費老人ホームに属します。

 

こちらは高齢者向けマンションが該当します。

 

・介護保険が適用されるサービスを実施している施設

 

介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)・グループホーム(痴呆性高齢者グループホーム)・介護老人保健施設の3タイプの施設になります。

 

その他は残念ながら介護保険の適用になりません。

 

・費用について

 

介護保険であるから安くなるとは限りません。

 

グループホーム(痴呆性高齢者グループホーム)は適用されますが、それでも月に6万円から15万円はかかります。

 

最も月にかかるといわれているのが有料老人ホームです。

 

各種サービスのすべてを入所者が原則的に負担しなければならないからです。

 

■在宅介護型老人施設について

 

毎日利用するのではなく、1日単位で活用することになるような施設・サービスになります。

 

【在宅介護型老人施設に該当する施設】
・短期入所生活介護(ショートステイ)
・短期入所療養介護(ショートステイ)
・老人デイサービスセンター
・訪問看護ステーション
・高齢者生活福祉センター
・高齢者生活福祉センター

 

大きな特徴はすべて介護保険が適用されることです。

 

ですから、費用は大幅に抑えられます。

 

高齢者生活福祉センターは少し考え方が異なりますが、その他のサービスは1日あたり250円から1,000円程度になります。

 

・高齢者生活福祉センターについて

 

介護されている本人が利用するのではなく、介護している方の悩みを聞いてくれる業務を行っています。

 

無料で相談に乗ってくれるといったうれしい特徴があります。

 

・訪問看護ステーションの特徴

 

介護される方が医療機関に向かうのではなく、看護師が寝たきりの高齢者宅まで来てくれ看護サービスを実施します。

 

お年寄りを預ける他のサービスとは違うので注意してください。




介護資格 介護福祉士 資料請求