要介護状態区分について|1〜5にはどんな違いがあるの?

 

要介護1や要介護2といったことを聞いたことがありませんか?

 

しかし、その1と2ではどんな違いがあるのかはあまりよく知られていません。

 

介護職で働こうとしている方、介護系の資格を取得しようと思っている方にとっては特に重要なことになります。

 

こちらでは、介護状態区分を詳しく解説します。

 

要介護1から5まであるのですが、それぞれどのような状態を示しているのでしょうか。

 

 

■要介護1について

 

・軽い状態

 

介護が必要な状態で、軽い状態と判断されます。

 

要介護の制度は、1が最も軽く5が最も重い状態を指しているのです。

 

・日常生活動作に問題がある
・手段的日常生活動作に何らかの介護が必要な状態であること

 

手段的日常生活動作ですが、たとえば炊事や洗濯、そして掃除といった家事があります。

 

ほかにも買い物や薬の服用、さらに金銭管理といったものになります。

 

それらの行動に何らかの問題があるが、日常生活についてほとんど不備がない方がこちらに区分されるのです。

 

■要介護2について

 

要介護1よりも介護がさらに必要な状態になります。

 

日常生活動作に問題が起こってきます。

 

・排せつに介助が必要
・食費に介助が必要

 

上記のような一般的な生活を送る上で何らかの問題が生じている場合に、要介護2に該当します。

 

※手段的日常生活動作とは・・・身だしなみや食事、排せつ衣服の着脱、入浴や移動などの行為を指しています。

 

■要介護3について

 

要介護2よりもさらに介護が必要になったと判断された状態です。

 

日常生活動作にも問題が起こってきている方が該当します。

 

・日常生活動作
・手段的日常生活動作

 

上記の両方にわたって、かなり能力が低下している状態です。

 

全面的な介護が必要とされている状態に値します。

 

■要介護4について

 

要介護3よりもかなり動作などに悪化が出てきている状況です。

 

・介護なしに生活できない

 

日常生活は介護なしには成り立たない、と判断された方が要介護4に該当するのです。

 

■要介護5について

 

最も状況が悪化しているケースに相当します。

 

要介護4の状態よりも悪化しており、日常生活がおくれない状態となっています。

 

・食事ができない
・理解力が低下している

 

寝たきりとなっているような状態や、意識がほとんどないような状態を示しています。

 

■要介護の前に要支援がある!

 

・要支援1
・要支援2

 

要介護の前に上記の二つの制度があります。

 

要支援1は、食事や排せつのなどの日常生活動作の一部に少しだけ問題があるケースが該当します。

 

要支援2は、要支援1よりも日常生活動作に問題が生じているケースが該当します。




介護資格 介護福祉士 資料請求