介護資格の種類と各資格を徹底解剖!

介護の世界で頑張って行きたい・・・そう考えている人達は多いです。

 

特に今後更なるニーズが見込まれる職種で、景気低迷の時代の流れに逆行し安定して職につける魅力もあります。

 

今回は介護資格の種類と各資格を徹底解剖!というテーマでお話していきたいと思います。

 

・介護職員初任者研修課程
・介護福祉士実務者研修課程
・介護福祉士(国家資格)
・ケアマネージャー
・ガイドヘルパー
・介護事務

 

などが人気がある代表的な介護資格になります。

 

この中で、就職・転職する際に有利となる資格は以下です。

 

・介護職員初任者研修課程
・介護福祉士
・介護支援専門員:ケアマネージャー
・介護事務

 

上記の4種類は特に就職に有利とされます。

 

特に介護事務は人気で、最短3日ほどで費用も2万円ちょっとで取得できるので、人気があります。

 

やはり国家資格は難易度も高い反面取得すればかなり有利になります。

 

ケアマネージャーなども最近では非常に取得希望者が多いため、以前よりも資格取得率も、試験内容の難易度も上がってきています。

 

以前は比較的簡単に取得できたために、資格保持者であふれており、5年ごとに行なわれる更新研修の質を下げないために「落とす試験」に変わって来つつあるようです。

 

しかし、逆に言えば非常に有力視されている人気のある資格と考える事も出来ます。

 

他には、介護福祉士は国家資格でもあるために、介護関係の資格の代表格として考えられており、持っているだけで就職率にかなり影響します。

 

上記の資格は、専門の大学か、専門学校に通い取得するか、ユーキャンのような通信教育で取得出来る資格もありますので、自分の生活スタイルにあわせて選択すると良いでしょう。

 

現状介護関係の仕事の収入は低く、ベテランでも時給1200円ほどが上限とされており、経済的にゆとりを得る事が出来る職業ではありません。

 

その反面、少子化により高齢者の増加は進んでいくので、非常に需要の高い職種でもあります。

 

基本的に実務経験者や大卒、専門学校卒などの縛りが多く、資格が困難なものが多いです。

 

ヘルパー二級などは、資格取得費用だけで取得できますので、

 

介護関係で働きたいと考えている人は、2級のようなカンタンな資格を取得して、この介護業界で経験を積んで行き、働きながら資格取得する人も多いです。




介護資格 介護福祉士 資料請求