就職にもっとも有利な介護資格3選

就職する上で有利となる資格や、働く上で取得しておいた方が良い資格などいろいろあります。

 

今回は就職に有利な介護資格5選というテーマでお話していきたいと思います。

 

 

■介護福祉士

 

社会福祉士と混同される介護福祉士ですが、相談員の仕事がメインとなる社会福祉士よりも、介護福祉士の方が需要はあり、夜勤もあるため、社会福祉士より給料は割高になる事も多いです。

 

資格取得自体は、社会福祉士の方がはるかに困難であるため、現状は介護福祉士の方が安定して仕事に就く事が出来ます。

 

社会福祉士は飽和状態にあり、介護業界で活躍したいと考え、資格を取得するなら介護福祉士の資格はかなり有力です。

 

合格率も50〜60%と他の介護関連の資格と比べるとかなり楽に取得出来るはずです。

 

介護業界から別の職種に転職する際、国家資格があれば多少優遇されると思っている方も多いようですが、介護業界以外は必要とされていないのが現状です。

 

介護職以外には融通の効かない仕事でもあると言えます。

 

 

■理学療法士

 

就職・転職に困らないと言われる医療業界の職種に、理学療法士は度々あげられます。

 

国家資格であり、資格取得自体は難しいのですが、資格さえ手に入れば、年齢や経歴とは無関係に仕事はあると思います。

 

理学療法士の場合、病院だけに就職先を限定する必要もありません。

 

介護施設やリハビリに特化した施設・老人保健施設などにも就職口はあるため、大変つぶしの利く資格です。

 

理学療法士は体の機能回復をサポートする仕事なので、患者さんの体調が改善されていくのを目視出来るのは、大変やりがいがあると思います。

 

 

■ケアマネージャー

 

高齢者やその家族がベストな環境で生活出来る総合的なケアを行なう仕事で、今もっとも注目されている介護関連の資格のひとつです。

 

理学療法士や看護師なども取得希望している人は多く、実務経験が必要な事と、昨今難易度が上がっているために合格率は2割以下という難関でもあります。

 

また、ケアマネージャーでベテランとなると、経験を活かして独立する事も可能なので、あらたな働き口の可能性も生み出せるため、やればやるほど、実務経験を積めば積む程に自分の可能性を広げて行く事が出来ます。

 

ケアマネージャーの資格は今大変に注目され人気を集めております。

 

今後は更に資格取得が難しくなると予想されますので、早い段階で取得しておくと後で有利になると思います。




介護資格 介護福祉士 資料請求