介護業界の免許資格・認定資格について

介護認定免許の就職先は、福祉施設の職員です。

 

介護福祉士の免許が国家資格且つ比較的取得しやすい資格であるため、介護業界でもっとも代表的な資格となります。

 

現状、介護福祉士の資格があれば、仕事は確実に近いくらいあるので、働き口には困らないと思います。

 

ただ、介護認定資格があっても、タフな仕事で人間関係も絡んでくるので、人員の入れ替わりも激しく、介護士として生き甲斐を感じる事が出来なければ、継続は難しい仕事です。

 

介護福祉士の免許を持っていれば、上記の他に下記のような施設でも就労が可能になります。

 

高齢者のみならず、障害者の生活支援・補助も行なえるので、需要は幅広くあると言えるでしょう。

 

今後も手堅い仕事なので、資格は持っておいて損はありません。

 

・老人福祉施設
・肢体不自由施設
・知的障害施設

 

免許と資格の違いですが、基本的に免許というのは、その字の通り、許可を免れると書きます。

 

医療業界や介護業界であれば、未経験者や無資格者が許可されていない医療・介護業務を行なえるのが免許であり、資格というのは、介護士や社会福祉士、ケアマネージャーといった、地位または身分の事を指します。

 

資格は、その行為を行なえる権利を持つ職種または身分であり、高度な業務になればなるほど、資格も免許も両方求められるようになります。

 

・介護福祉士
・介護職員初任者研修
・介護支援専門員
・精神保健福祉士

 

など、就職や現場に役立つ資格はありますし、年だからとか、経験がないからという理由で諦める必要はありません。

 

資格や免許をとれば、いくつになっても介護業界では需要はあります。

 

もちろん、若い人を優先してとるのは雇う側とすれば当然なのですが、それでも仕事はあります。

 

経験は、現場でとにかく実績を積んで先輩の行動を観察し、こまめにメモをとり、患者さんの求めているものをさっする力を養う事です。

 

難易度が高くなればなるほど、需要は増えますし、責任も手当額も増します。

 

誰でもとれるような資格は、意味がないとは言いませんが、飽和状態の可能性もあるため、条件の悪い仕事を与えられるケースが多いです。

 

働きながら通信教育で、資格取得する人も非常に多いです。




介護資格 介護福祉士 資料請求