介護資格取得のメリットについて徹底解剖

近年介護資格の取得をすすめている機関は多いです。

 

この景気低迷且つ就職難の時代に、安定した就職先があるのは何よりの支えになるからでしょう。

 

決して高給とは言えない仕事ですが、安定が得られるメリットを考えればこその、この需要なのではないかなと思います。

 

今回は、介護資格取得のメリットについて徹底解剖!というテーマでお話していきたいと思います。

 

介護資格には他にもこんなにメリットがあります。

 

安定した生活、将来の人生計画を築いて行くためにも、一度介護資格取得を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

それでははじめようと思います。

 

 

■デマンドを満たせる

 

デマンドつまり要求です。

 

社会が求めているニーズに答えられる。

 

コレは言葉やお金には変えがたい喜びがあります。

 

人間の生き甲斐や存在価値というのは、他者から受け入れられ、求められる事に終始します。

 

どれだけ高給でもどれだけ地位が高くても、どれだけ価値のある資格を取得していても、介護を受ける側の人達の笑顔が見られなければ、それは価値の押し付けにしかなりません。

 

今後の日本は、少子高齢化にともない更なる介護職の人材を必要とされます。

 

ライバルは多くなりますが、その分競争も激しくなり、自分のステップアップにもつながりますし、結果として質の高い介護サービスを、利用者に与える事が出来るようになります。

 

ケアマネージャーなどは昨今特に注目を集めており、2015年もっとも使える資格のトップ3にも選ばれているというデータもあるほどで、人が殺到すれば当然資格取得の難易度も高まり、結果として取得は困難になります。

 

2013年のデータでは合格率はおよそ15%と、かなりの難関になっており、資格の品質維持にどれだけ落とせるかという出題形式に変わって来ています。

 

人の役に立てる。

 

良い行いが出来る。

 

自分が社会から必要とされている。

 

コレ以上のメリットはないと思います。

 

優秀な介護士は、日本国民全員が求めているニーズであると言っても過言ではないでしょう。

 

 

■ステップアップしやすくなった介護業界

 

ヘルパー2級の撤廃により、介護資格はシンプルに統合され、ケアマネージャーや介護福祉士への昇格が行いやすくなりました。

 

厚生労働省も、今後の日本の高齢化社会に備え、質の高い介護士取得のために大幅な見直しをはかっています。

 

もっともニーズがあり、就職先も安定しており、今後の展望も測れる分野のひとつに介護資格が挙げられます。

 

進路に迷っている人は、ぜひ検討されてみてください。




介護資格 介護福祉士 資料請求