人気のある介護資格を徹底解析

介護業界で活躍したいけど、資格も業務内容も幅広く、何を取得すべきかわからないという人も少なくないと思います。

 

迷っているときは、流れに身を委ねる事も重要だと思います。

 

自分の未来に対し漠然とした不安を抱え続けて生きるより、何とかなるさと腹をくくった方が人生はずっと楽しいと思います。

 

資格はあくまで、その業務を行なうための国や機関からの許可であり、なくても患者さんたちを笑顔にする事は可能です。

 

ただ、持っていた方が、責任感もまし、給与アップも望め、頼られるので、やりがいやモチベーションが違ってきます。

 

今回は人気のある介護資格を徹底解析というテーマでお話していきたいと思います。

 

人気のある資格というのは、社会が現時点で求めているニーズであり、取得・精通しておいて損はありません。

 

どの資格を取得すべきか迷われている未来の介護士さんへの、助けとなれば幸いです。

 

 

■介護職員初任者研修

 

既に撤廃されてしまいましたが、旧ホームヘルパー2級と呼ばれていた資格で、介護の業界に足を踏み入れるならまずは取得しておきたい基礎中の基礎を学べる資格となります。

 

短ければ1ヶ月ほどで取れてしまいますが、費用が5万円以上かかるのでやや高額です。

 

ホームヘルパー2級から介護職員初任者研修に改訂された事で、ケアマネージャーや介護福祉士へのステップアップもぐっと近づきました。

 

まずはこの資格から検討しましょう。

 

 

■介護支援専門員

 

一般的にはケアマネージャーという名称で呼ばれている2015年介護業界の資格の中でもっとも有望視されている資格です。

 

異業種を含めたすべての資格ランキングで3位にランクインしたデータもあるほどです。

 

 

■実務者研修

 

旧ホームヘルパー1級に相当する資格で、介護福祉士を受験するためにこの資格は必須となりますので、やがては介護福祉士を取得しようと考えてるのであれば、とっておきたい資格です。

 

介護現場でも責任者を任されるようになるので、責任も重くなり、頼られる事も増えますし、モチベーションも上がります。

 

 

■介護福祉士

 

言わずと知れた介護資格の代表的な存在で、介護関連の資格の中で唯一国家資格に認定されています。

 

合格率は6割を超える比較的取得しやすい資格で、国家資格であるためにやはり信頼度が違います。

 

転職にも有利になりますし、この資格があればかなり就職は楽になります。現状困る事はないと思います。

 

最短2ヶ月ほどで取得でき費用も8000円〜と非常に安価で取得出来るのも人気の秘訣です。

 

この資格を持っていれば介護のプロと認定され、今後取得条件は更に厳しくなると予測されますので、早い段階で取得しておいた方が良いでしょう。




介護資格 介護福祉士 資料請求