資格なしでも働ける介護の仕事はありますか?

介護業界は今もっとも注目されている業界で、少子高齢化の進行に伴い、人手はいくらあっても足りないと言われるほどで、介護福祉士などの資格を取得しておけば、就職で困る事はなくなると思います。

 

今は夫婦共働きの家庭も増えており、出産後介護業界で働きたいと考えている女性も非常に多いです。

 

給料は決して高くはありませんが、安定した仕事が得られるという安心感は何にも変えられない価値があります。

 

また、ハードな仕事ではあるのですが、資格を取得していき、ステップアップをはかれば、高齢者や身体障害者の方々から感謝される仕事であり、人としても非常にやりがいを感じる点も魅力のひとつです。

 

介護業界の魅力はここまでである程度ご理解いただけたと思いますが、資格を取得するのは時間もお金もかかるし、今すぐ取得して、働きたい!と考えている人もいるでしょう。

 

これは難しいですが、不可能ではありません。

 

まず、介護というのはプロである事が前提です。

 

体の不自由な方の介護というのは、知識なく行なうのは危険ですし、人を助ける、社会に価値を与えるというのは、何の知識も経験もなく行なうのはおすすめできません。

 

その業界で働く許可証の変わりが資格なので、長く介護業界で働きたいと考えているのであれば、取得は必須です。

 

また、無資格・未経験で業界に参入しても、現場が忙しすぎて慌ただしすぎて、先輩達のお荷物になる事は間違いありません。

 

就職出来ても、何も出来ずに一日が過ぎてしまうでしょう。

 

当然ですがメンタル面の強さがなければ継続していく事も難しいと思います。

 

それも踏まえてすぐに働きたいというのであれば、まずは老人ホームや特別養護施設の面接を受けてみましょう。

 

そこで経験を積ませてもらい、資格を取得していく事でステップアップははかれます。

 

人間関係も絡んでくるタフな仕事なので、精神的に強くなる必要がありますし、入れ替わりも激しい仕事なので、就職には困りませんが、業務自体よりも人によってはそっちの方が大変な場合もあります。

 

受け入れてくれるところがある限り、就職は可能ですが、資格がない・未経験だからと言って、人命に関わる事もあるので、ミスが許される現場ではない事はわかった上で働くか否かを決断した方が良いです。

 

また、介護職員初任者研修は介護の基礎となりますし、資格取得は難しくないので、取得してからの方が給与も優遇されますので、取得後働いた方が効率は良いと思います。




介護資格 介護福祉士 資料請求