介護資格を取るまでにかかる実際の費用

スクールに通学するか、通信講座を受けるのかでも費用は大分変わって来ますし、費用も学校によってまたは講座によって、かなり異なって来ます。

 

たとえば介護資格の代表格である国家資格の介護福祉士であれば、下は10万円から上は200万円を超える学校もあります。

 

単純に、講座の内容により金額の差は出て来ますし、期間も数ヶ月から数年にわたるものもありますので、本当にさまざまです。

 

自分の条件にマッチする学校選びが前提となりますが、値段よりも学校の実績やアフターフォローに注目して学校を選んだ方が良いです。

 

しかし、あまりに高額と支払いに追われてしまい、取得半ばで中断してしまうような事になっては本末転倒ですから、やはり知りたいのは適正価格や、妥当な値段です。

 

今回は、介護資格を取るまでにかかる実際の費用について、代表的な資格を例にして見て行きたいと思います。

 

 

■介護職員初任者研修

 

こちらは、通信+通学で5万円くらいから受講する事が出来ます。

 

オプションをつければもちろんそれ以上かかりますが、比較的安価で取得出来る資格です。

 

こちらは旧ホームヘルパー2級(ホームヘルパーは通信講座で取得できましたが、こちらは通学も必要となります)に相当する資格になります。

 

期間は1ヶ月程〜となっています。

 

15万円未満のスクールを基準とし、値段よりも資格取得後にどれだけ独自の求人を紹介してくれるかにフォーカスしましょう。

 

質の高い求人を多数もっている学校であれば、相場から+10万円くらいであっても十分にすぐに元がとれてしまいます。

 

また、就職は人生を大きく左右する選択となるので、ハローワークのような多くの希望者が殺到するものよりも、需要過多が起きない求人の方が安心して良いものが選べる場合が多いです。

 

 

■介護福祉士

 

国家資格のこちらは8000円からと大変安価です。

 

合格率も比較的高めで、最短で2ヶ月くらいで取得できますが、3年以上の実務経験などの受験資格も必要となるので実際は2ヶ月で取得出来るわけではありません。

 

 

■ケアマネージャー

 

人気殺到中のこちらの資格は1万円から取得できます。

 

実務経験が5年必要となるので、最初から希望できる資格ではありません。

 

 

■介護事務

 

こちらも大変人気のある仕事ですが、最短3日で費用は2万円から取得可能です。

 

 

■ガイドヘルパー

 

こちらも介護事務と同じく最短3日ほどで取得でき費用は2万円からとなっています。




介護資格 介護福祉士 資料請求