介護の仕事でスキルアップを目指すなら知っておきたいこと

介護の仕事でスキルアップを考えているなら経験が必要ですが、資格の内容にも目を向ける必要があります。

 

そもそも、資格によって出来ること・出来ないことが変わってくるわけです。

 

こちらでは、それぞれの資格で獲得できるスキルについて詳しくお話します。

 

自分のしたい業務が出来る資格はどれなのか、といったことを知りたい方は注目してくださいね。

 

 

■介護職員初任者研修の資格を持っていると出来る業務とは

 

・一般的な介護業務が可能になる

 

食事の補助や更衣介助、さらに入浴介助から通院の介助なども可能になります。

 

多くの方が一般的にイメージする介護の仕事に関しては、介護職員初任者研修の資格でも十分に対応できます。

 

ただし、他の資格ではできることが出来ないことがあるので、もう少し高いスキルを獲得したいのであれば、上位資格を狙いましょう。

 

 

■実務者研修の資格を持っている出来る業務とは

 

・介護職員初任者研修よりも仕事の幅が広がる

 

介護職員初任者研修の上位資格とされており、サービス提供責任者としての勤務ができるようになります。

 

ケアマネージャーと連動して、介護者のプランを作成できる業務まで出来るのです。

 

さらに訪問介護の管理業務や育成介護の管理業務も出来るのです。

 

直接的に働くことが出来るスキルではなく、いわゆる裏方的なスキルも生かせる資格なのです。

 

また、喀痰吸引と言った業務もできるようになります。

 

これは医療行為に近く、介護職員初任者研修の資格を持っているだけでは出来ません。

 

喉になどに詰まってしまったタンを吸引できるのです。

 

訪問介護先で実施する例も少なくありませんよ。

 

介護職員初任者研修の資格を持っていると実務者研修の資格は取りやすくなる点も覚えておきましょう。

 

 

■介護福祉士の資格を持っていると出来る業務

 

・相談や助言業務を受けられるようになる

 

介護福祉士は介護の専門家、といった立場になります。

 

身体介護や生活援助とピッタ業務ができるのはもちろんですが、家族や介護者の話を聞いてアドバイスをしたり、よりよい介護の方法を一緒に考える業務もあるのです。

 

例えば、介護食の内容、おすすめの介護グッズの紹介といったものをお話するケースも有ります。

 

介護に関わる人を全体出来サポートするスキルを発揮できるのが介護福祉士です。

 

 

■ケアマネージャーの資格を持っていると出来る業務

 

・介護の全体を取り仕切る業務あり

 

介護サービスを利用するためには様々な調整が必要です。

 

さらに介護プランも作成しなければなりません。

 

そんなことにも関わっているのがケアマネージャーなのです。

 

ちなみに、ケアマネージャーは何でも屋、と表現されることもあります。

 

介護の全てに関わる業務に関連したスキルが磨ける職業であり資格なのです。




介護資格 介護福祉士 資料請求