介護資格は人気になっているので早めに取得しておこう

資格は就職の武器になる、といった事実があります。

 

確かに、就職は資格の大いなる武器になるわけです。

 

例えば、その仕事に役立つ資格を持っている人と持っていない人のうち、一人だけ採用するとしたら、企業は基本的に資格を持っている方を選ぶわけです。

 

こちらでは介護資格について詳しくお話します。

 

いま大人気な介護資格について、なぜ人気になっているのか、どんな資格を取得しておくべきか、といったことをお話しします。

 

 

■介護資格が人気になっている理由について

 

・就職が圧倒的にしやすくなる

 

そもそも、介護職は人手不足となっています。

 

介護職で働こう、といった方が非常に少なくなっている現状があるのです。

 

ただ、介護職といっても有利な条件での就職や転職となると、人気が高くさらに倍率が高くなってしまうことも少なくありません。

 

そんな時に介護系の資格が役に立つわけです。

 

介護系の資格を持っていれば、介護に関する知識とスキルを証明することにもなります。

 

大きなアピールが出来るわけです。

 

 

・給与がアップすることも

 

出来る業務の幅が広がるので、その分の給与が加算されます。

 

さらに、資格手当といったものが加算されることも少なくありません。

 

結果的に、月あたりで20,000円から30,000円、年収で数十万円のアップも可能になります。

 

実際に、介護系資格にはそれだけの潜在能力があるのです。

 

稼ぎにくい、といった印象も少なくないのが介護資格ではありますが、資格さえあれば高報酬も目指せないわけではありません。

 

 

■人気になっている介護系資格とは?

 

・介護事務

 

介護施設でジムの仕事をしたい方におすすめの資格です。

 

医療事務のような資格であり、介護保険制度の専門家、といった仕事制度もあります。

 

そもそも、修了試験もないので簡単な資格取得が出来ます。

 

期間としても短く済みますし、とりあえず介護施設で働きたい、といった方は持っておいて損のない資格ですよ。

 

 

・介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)

 

介護系の資格の中において実務系の資格であり、最もオーソドックスなタイプになります。

 

この資格を持っていると、介護施設で働ける確率が極めて高くなります。

 

さらに、この資格からどんどんとステップアップします。

 

例えば、

 

介護職員初任者研修→実務者研修→介護福祉士

 

といったルートも考えられるわけです。

 

もちろん、ケアマネージャーの資格についても範囲に入れることが出来ます。

 

ホームヘルパー2級よりは難易度が高いですが、抑えておきたい資格の一つです。




介護資格 介護福祉士 資料請求