介護資格の人気講座とは|初任者研修?実務者研修?

 

介護の職場でバリバリ働きたいあなたに向けて、介護資格の人気講座についてお話しします。

 

介護の資格を目指している方はもう知っていると思いますが、介護の資格には大きな変化が出てきました。

 

いままで、ホームヘルパー1級や2級といったものがあったのですが、それらが無くなったのです。

 

無くなったといっても、名前が変わっただけといったことも言えます。

 

また、講座の内容も大きく変化したのです。

 

介護資格の人気講座は、

 

・介護職員初任者研修
・介護福祉士実務者研修

 

以上の二つになりますが、いったいどのような特徴があるのかについて詳しく解説します。

 

介護の資格の初歩的なものでもありますし、介護福祉士を目指す場合にはぜひスムーズに取得しておきたいところでしょう。

 

 

■介護職員初任者研修の特徴について

 

・介護の現状を知ること

 

働く前に知っておかなければいけないことを集中して勉強できます。

 

日本は高齢化が進んでいるわけですが、その現状と問題点を把握します。

 

・介護のコツを知る

 

介護の現場で働くときに役立つテクニックを勉強します。

 

さらに、仕事と家庭を両立させるためにはどうしたらいいのか、といった初歩的なことも勉強の範囲に入ってきます。

 

・介護のテクニックを学ぶ

 

介護施設などで行うと思われる基本的な業務内容を確認します。

 

車いすの使い方といったことも学びますし、立ち上がりの介助も行いますし、衣服の着脱の介助も実施します。

 

これらすべてではなく、選択してひとつだけといった場合もあります。

 

 

■介護福祉士実務者研修

 

ホームヘルパー1級に該当する資格になるので、それなりに高度な講座内容になることが一般的です。

 

ちなみに持っている資格によって免除される科目があります。

 

すでに介護職員初任者研修・ホームヘルパー2級・ホームヘルパー1級・介護職員基礎研修のいずれかを修了している方は講座内容が少なくなるといった特典があります。

 

・自宅学習やスクーリングあり

 

自宅でしっかりと勉強しつつ、定期的にスクーリングも行われているので、わからない部分があればしっかりと解決できるシステムを採用している講座が比較的多いです。

 

・勉強内容とは?

 

医療的ケアの講義と演習が行われます。

 

知識を得るだけでなく、実習も行われるのです。

 

定期的なスクーリングを受け、習熟度の確認が実施されます。

 

習熟度が問題ないと判断されたら、修了証が授与されるといったシステムになっているのです。

 

実務者研修を修了すれば、次は介護福祉士です。

 

この講座を修了できたのであれば、ぜひ上を目指してみませんか。




介護資格 介護福祉士 資料請求